正社員として大手の塾講師になった場合のメリットとして挙げられるのが安定した年収の上がり方です。
初任給に関しては大手も中小も変わらず、約20万円から25万円程度が相場となっています。
大手の塾講師はボーナスが得られるため、その分年収もアップします。
30代までは講師の仕事がメインとなるので緩やかな上がり方になりますが、それ以降に得られる役職が年収を大幅にアップさせてくれます。大手の場合は役職付きの塾講師になると役職手当が支給されます。
本部長クラスになれば1000万円を上回る年収を獲得できるケースもあるでしょう。

中小の場合は正社員として働いていても昇給するペースが遅いです。
中小の塾講師が大幅な年収アップを狙いたい場合には実績を積むことが必要になるでしょう。
例えば生徒数を増やすという方法が高い効果を生みます。
中小の場合は売り上げが重要なポイントとなっています。
売り上げを伸ばすためには生徒数が必要です。
その生徒数を自分が増やせば個人としての評価が高くなり、役職が与えられるケースがあります。
役職を得た後も生徒数を増やすごとに年収アップのチャンスが期待できるでしょう。

正社員ではなく、非常勤塾講師やアルバイトとして塾講師をしている場合には授業数が重要なポイントとなるでしょう。
非常勤塾講師やアルバイトの場合は時給制で給料が支払われるケースが多いです。
時給制ということは多く働けば高い給料が得られます。
1つの塾だけでは授業数が増やせないという場合は塾の掛け持ちも視野に入れるのがオススメです。