塾講師の平均年収は380万から400万くらいです。
40歳の平均年収は450万くらいでサラリーマンの年収と同じくらいです。
しかし、塾の規模が大きい有名企業などは他の企業よりもボーナスが多いなどの差があります。
ちなみに30代の平均年収は308万で50代の平均年収は475万です。
ボーナスも年代によって変わり、20代が60万、30代が80万、40代が100万、50代が115万ほどとなっています。
40歳を超えてからが年収を上げるチャンスです。

新卒や中途採用で塾講師として働くなら、経営者や管理職を目指しましょう。
塾講師で年収を上げるには出世コースに入ることが一番です。
塾での経験を活かして独立するか、塾内で出世して役員になるなどがあります。
どちらも相応の経験と知識が必要です。
40歳を目安に出世についても考えておきましょう。

世代別の平均年収を見てみると年齢が上がるにつれて年収も上がっています。
塾講師の年収は勤務年数によって上がり、それに伴いボーナスの額も上がります。
つまり、年収を上げるには長く働くことが必要です。
そのためには残業の有無や有休の消化率など働きやすい環境を選びましょう。
他にも保護者からの対応が良い、生徒に対して真摯に向き合っているなどの評価を上げることも大切です。