塾講師の職場は、いくつもの教室を構えている大手が運営している塾や個人運営の塾で、正社員のほかにもアルバイトの雇用形態でも勤務しています。
正社員の塾講師の初月給は、約20万円から25万円の間となっていて、比較的高めの設定となっています。
塾講師として活躍しているのは30代までが多い傾向で、30代半ばの大手の塾での年収は約430万円となっています。
個人運営の塾では、ボーナスの支給がないところもあるので、それよりも低めとなっているようです。

塾講師は受験合格や学力アップのために、生徒に適切な教材やカリキュラムを用いて指導するのが仕事です。
教えるだけでなく、経験を積めば主任職や塾長、教室長などにキャリアアップすることも可能です。
管理職などの役職に就けば、役職手当などが加わるため年収アップにも繋がります。
部長クラスとなれば、30代でも700万円から1000万円の年収になることもあるようです。

大手の塾や教室では、本部がカリキュラムの作成や教材の準備、事務処理などを行なってくれ、生徒数の増員などがあってもチームワークなため、個人的にすぐに年収に反映することが少ないようです。
個人運営の場合には、生徒数が増えたことによって、塾の規模を広げたりなどの功績が比較的反映され易く、新規に開設した教室の塾長などに昇格したりなど、30代でも平均年収以上の年収を得ることにも期待が持てるでしょう。